専門店の特徴と注意点

「カラー専門店」とは

そこかしこに点在する美容室。最近では、「カラー専門店」など、専門店を謳う美容室が増えています。
では、専門店は普通の美容室とどう違うのでしょうか。
カラー専門店はカラーに特化し、普通の美容室より圧倒的に安く、短時間で手軽に髪を染めてもらうことができることが最大の魅力です。しかし、通常の美容室とおなじような「ついでに髪型を整えてほしい」「最後にスタイリングをお願いしたい」といった要望に応えられないお店も多いです。中には「セルフブローをお願いします」というお店もあったり、ドリンクサービスを行っていないお店も多いそうです。
白髪染めなどのリタッチに、家で染めるのとそれほど変わらないお値段で気軽に行きたいときにはカラー専門店はおすすめです。

カラー専門店が増えるワケ

先ほどはカラー専門店の特徴についてお話いたしましたが、では何故、カラー専門店は増え続けているのでしょうか。
それは単純に「儲かりやすいから」です。
次々と出店しては消えていく美容室が多い中で、カラー専門店は沢山のカラー材をつかうため、大量に発注することで通常の美容室よりすこし安くカラー材を手に入れることができます。さらに、カットやスタイリングなどのサービスを行わない分、一人ひとりのお客様にかける時間が短いため、沢山のお客様を迎えることができる上にスタッフも数名で回せるようになります。白髪のリタッチは特に女性としては頻繁に行いたいものであることが多いので、リピーターが多いのも経営者からしての大きな魅力と言えるでしょう。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る