満足のいく美容室選び

美容室選びで失敗しないためのポイント

お店選びはとても難しい

「よくしてくれた美容師さんが辞めてしまった」「通っていたお店が潰れてしまった」ということは、珍しいことではありません。苦労して美容師になったのに、辞めてしまうひとは決して少なくないからです。何故美容師を辞めてしまう人が多いのか、現状をお伝えします。

美容師の入れ替わり

美容室選び失敗した。
ほとんどの方が、そういった経験があるのではないでしょうか。
理由は「カットの質が悪い」「スタイリストが愛想がない」「思っていたスタイルにならなかった」「料金が思っていたより高かった」など様々ですが、「もう一度行きたい」と思えるお店に出会うのはなかなか難しいですよね。
それも当然といえるほど、日本には美容室があふれるほどに点在しています。その数は大手チェーンから個人経営の小さなお店まですべて合わせると、コンビニエンスストアの約5倍である約45万件といわれています。それほど多くの美容室があれば、いいお店を引き当てるのも難しいことでしょう。

また、せっかくいいお店に巡り合えても、そのお店が移転してしまったりなくなってしまったりでまた探しなおさなければならないこともあります。数多くの美容室があるなかで、約90パーセントの店舗は経営難などの理由から3年以内に移転または閉店してしまっています。早ければ3か月で閉まってしまうお店もあるそうです。これではお客さんの方は、延々と何度も美容室探しを続けなければいけません。
さらに美容室自体の経営が順調でも、懇意にしてくれたスタイリストが辞めてしまうこともあります。日本では年間約1万人の美容師が、労働環境や体調を理由に別業種に転職しています。
その他にも、引越しで環境が変わってしまったりなど様々な理由で「美容室探し」は身近な問題となりがちです。
今回は、そんな美容室探しで失敗しないためのポイントをお話ししたいと思います。

専門店の特徴と注意点

近年、美容室のなかでもさらに詳細化した「カラー専門店」もよく見かけるようになりました。 数多くの美容室の中で、カラー専門店はなぜ増え続けているのか、どういった魅力があるのか、普通の美容室と何が違うのか。カラー専門店の特徴について、お話ししたいと思います。

見逃してはいけないポイント

美容室を決めるうえで重要視するポイントは、人によって異なります。ですが、出来ることなら「安く、充実した時間を過ごして理想の髪型で帰りたい」と思うのは当然ではないでしょうか。 ここでは、そのために見逃してはいけないポイントをご紹介したいと思います。

Topへ戻る